top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

あらゆる場面で意志力を使う。

マイブームです。


疲れててもやる。

誰にも理解されなくてもやる。

一人だからこそやる。

苦しくてもやる。

誘惑があっても流されないでやる。

眠くてもやる。

向かい風でもやる。


ここで手綱を緩めたら、どれだけ楽になるだろうと思う時は、正直あります。

それはあらゆることに共通します。


それでもやっていく。

なぜなら、自分が決めたことだから。

自分との約束だから。


そこを超えられる日を信じて今日もやっていく。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page