top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

そろそろ年の瀬も迫ってきて、今年はどんな年だったろうと振り返っていました。

個人的には、少し前に進めたかな?と思っています。ワークをやり、実践をして身につけていくという、当たり前のことを当たり前にやってきた年でもありました。

そして自分のことは自分でしかできないことだと実感した年でもありました。私のパターンを誰かに面倒を見てもらう事はできませんし、当然その逆も然りで、他人のパターンを私が面倒を見ることもできません。(理解はできても)それはそれぞれが持つミッションや課題が違うので当然ではあるのですが、「全て思い通りじゃなきゃ嫌だ。」というパターンと向き合っていると、他人と比較したり、競争したり、他人を思い通りにしたくなったりもします。自分ではなく他を変えようとするのです。

しかし、それは全く違うことだと思うのです。(そもそも変わらない)自分がどうあるか。だけが、大切なことなのだと思うのです。どんな状況であっても周りに囚われずに自分の在り方だけを選択していく。まずはこれを身につけていくことが大切だと実感した年でもありました。他人は関係ない、自分なんだと。この部分を来年はブラッシュアップしていきたいと思います。


今年も残り10日です。空気も乾燥して風邪をひきやすくなってますのでお体には充分ご自愛ください。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page