top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は完璧さを求めていたのだと思う。

お金持ちになり、社長となり、人の上に立ち、称賛されることで自信を持てるようになり、不安や恐れを抱かず、誰に何と言われようと傷つくことのない強い完璧な自分へとなる。それが成長することなのだと思っていたのです。


しかし結果は全く違った。

お金を手にすればするほど失うことへの恐怖と不安が増し、上を望むほどに下に見られることへの恐怖が増し、おまけにプライドまで強くなった気もします。

黒パターンで手にするということはそういうことなのだと思いました。

安心や安らぎではなく、不安や恐れ。

自分の弱さを認識することなく進んだ結果、不安と恐れと弱さを手にしていたのです。

自分では強さだと信じてきたものが実は弱さだった。それが黒パターンなんです。


しかし、唯一手にしたものもあります。

それは経験です。間違った動機で手に入れたあらゆるものと経験。

それであれば、もう黒パターンを選ばなければいい。


それは完璧じゃなくてもいいということ。

完璧じゃない自分を許せることが、本当の意味で完璧に近づけるのかもしれない。

そんな気がします。




最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page