top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は完璧さを求めていたのだと思う。

お金持ちになり、社長となり、人の上に立ち、称賛されることで自信を持てるようになり、不安や恐れを抱かず、誰に何と言われようと傷つくことのない強い完璧な自分へとなる。それが成長することなのだと思っていたのです。


しかし結果は全く違った。

お金を手にすればするほど失うことへの恐怖と不安が増し、上を望むほどに下に見られることへの恐怖が増し、おまけにプライドまで強くなった気もします。

黒パターンで手にするということはそういうことなのだと思いました。

安心や安らぎではなく、不安や恐れ。

自分の弱さを認識することなく進んだ結果、不安と恐れと弱さを手にしていたのです。

自分では強さだと信じてきたものが実は弱さだった。それが黒パターンなんです。


しかし、唯一手にしたものもあります。

それは経験です。間違った動機で手に入れたあらゆるものと経験。

それであれば、もう黒パターンを選ばなければいい。


それは完璧じゃなくてもいいということ。

完璧じゃない自分を許せることが、本当の意味で完璧に近づけるのかもしれない。

そんな気がします。




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page