• 渡邊 優

私は完璧さを求めていたのだと思う。

お金持ちになり、社長となり、人の上に立ち、称賛されることで自信を持てるようになり、不安や恐れを抱かず、誰に何と言われようと傷つくことのない強い完璧な自分へとなる。それが成長することなのだと思っていたのです。


しかし結果は全く違った。

お金を手にすればするほど失うことへの恐怖と不安が増し、上を望むほどに下に見られることへの恐怖が増し、おまけにプライドまで強くなった気もします。

黒パターンで手にするということはそういうことなのだと思いました。

安心や安らぎではなく、不安や恐れ。

自分の弱さを認識することなく進んだ結果、不安と恐れと弱さを手にしていたのです。

自分では強さだと信じてきたものが実は弱さだった。それが黒パターンなんです。


しかし、唯一手にしたものもあります。

それは経験です。間違った動機で手に入れたあらゆるものと経験。

それであれば、もう黒パターンを選ばなければいい。


それは完璧じゃなくてもいいということ。

完璧じゃない自分を許せることが、本当の意味で完璧に近づけるのかもしれない。

そんな気がします。




最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的