• 渡邊 優

一昨日は私の誕生日でした。

そうしたら通知がピロリンと鳴りスマホを見てみると、誕生月に限りお好きなラーメン一杯無料とあります。太っ腹だこと!タダですよ!

もちろん味噌チョコラーメンを美味しく頂いて帰りました。


そして私、満46歳になりました。今風に言うとアラフィフです。

早いものです。

20歳前後の頃、自分が父親くらいの40代になった時、自分も子を持ち、親父になっているんだろうと思っていました。

綺麗な奥さんと子供2人で幸せな家庭を築いている、私の幸せな家族像とはそういうものだと思っていました。外から見える一般的な幸せですね。

しかし、人生とは分からないもので、全く計画通りになんて行きません。

あの頃の私はパターン全開で生きていたので、パターンで20代で結婚、その後離婚を経験し、現在彼女はいますが、奥さんも子供もいません。


何を言いたいのかと言うと、今を大切に生きていこうということです。

何が起こるか分からず、計画通りに行かない人生だからこそ、今ある生活、家族、彼女、仕事、支えてくれている人たちや仲間たち、親、兄弟。

今あるものに満足し、感謝しながら生きていく。

まずはそこがベースとなり、目の前のやるべき仕事をしっかりとやっていくことが、とても大事なことだと思っています。


二十歳の頃の自分からは想像もつかない考え方だと思います。

何せ自己中心性まっしぐらのパターンでしたから。「俺が良ければいいんだぜーって」

言ってやりたいあの頃の自分に、「こんなただラーメンをありがたく食べれる誕生日もいいもんだぞ」って!



最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると