top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

一昨日は私の誕生日でした。

そうしたら通知がピロリンと鳴りスマホを見てみると、誕生月に限りお好きなラーメン一杯無料とあります。太っ腹だこと!タダですよ!

もちろん味噌チョコラーメンを美味しく頂いて帰りました。


そして私、満46歳になりました。今風に言うとアラフィフです。

早いものです。

20歳前後の頃、自分が父親くらいの40代になった時、自分も子を持ち、親父になっているんだろうと思っていました。

綺麗な奥さんと子供2人で幸せな家庭を築いている、私の幸せな家族像とはそういうものだと思っていました。外から見える一般的な幸せですね。

しかし、人生とは分からないもので、全く計画通りになんて行きません。

あの頃の私はパターン全開で生きていたので、パターンで20代で結婚、その後離婚を経験し、現在彼女はいますが、奥さんも子供もいません。


何を言いたいのかと言うと、今を大切に生きていこうということです。

何が起こるか分からず、計画通りに行かない人生だからこそ、今ある生活、家族、彼女、仕事、支えてくれている人たちや仲間たち、親、兄弟。

今あるものに満足し、感謝しながら生きていく。

まずはそこがベースとなり、目の前のやるべき仕事をしっかりとやっていくことが、とても大事なことだと思っています。


二十歳の頃の自分からは想像もつかない考え方だと思います。

何せ自己中心性まっしぐらのパターンでしたから。「俺が良ければいいんだぜーって」

言ってやりたいあの頃の自分に、「こんなただラーメンをありがたく食べれる誕生日もいいもんだぞ」って!



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page