• 渡邊 優

一昨日は私の誕生日でした。

そうしたら通知がピロリンと鳴りスマホを見てみると、誕生月に限りお好きなラーメン一杯無料とあります。太っ腹だこと!タダですよ!

もちろん味噌チョコラーメンを美味しく頂いて帰りました。


そして私、満46歳になりました。今風に言うとアラフィフです。

早いものです。

20歳前後の頃、自分が父親くらいの40代になった時、自分も子を持ち、親父になっているんだろうと思っていました。

綺麗な奥さんと子供2人で幸せな家庭を築いている、私の幸せな家族像とはそういうものだと思っていました。外から見える一般的な幸せですね。

しかし、人生とは分からないもので、全く計画通りになんて行きません。

あの頃の私はパターン全開で生きていたので、パターンで20代で結婚、その後離婚を経験し、現在彼女はいますが、奥さんも子供もいません。


何を言いたいのかと言うと、今を大切に生きていこうということです。

何が起こるか分からず、計画通りに行かない人生だからこそ、今ある生活、家族、彼女、仕事、支えてくれている人たちや仲間たち、親、兄弟。

今あるものに満足し、感謝しながら生きていく。

まずはそこがベースとなり、目の前のやるべき仕事をしっかりとやっていくことが、とても大事なことだと思っています。


二十歳の頃の自分からは想像もつかない考え方だと思います。

何せ自己中心性まっしぐらのパターンでしたから。「俺が良ければいいんだぜーって」

言ってやりたいあの頃の自分に、「こんなただラーメンをありがたく食べれる誕生日もいいもんだぞ」って!



最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的