top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は久しぶりに、上野の東京都美術館に行ってきました。

その美術館でちょっとした事件があったんです。


私が、さあ、芸術鑑賞するぞ!と気合を入れてワイヤレスイヤホンを装着し、ノイズキャンセラーのスイッチを入れて無音の世界で絵を鑑賞していました。それから小一時間経った頃、突然隣の男性から肩を叩かれたんです。その男性は「イヤホン外せ!」とジェスチャーしていました。

私がイヤホンを外して何ですか?小さな声で尋ねると「音漏れしていないか?」と聞いてきたのです。

私は・・・「ありえないだろ、ノイズキャンセリングして無音なのに・・・」と思ったのですが、その男性から「イヤホンから音が聞こえないから違った」と言われました。


おいおいちょっと待て!違ったじゃないだろ、謝るのが先だろ!と思い、非常〜〜〜〜に不愉快な気分になったのです。


そんな不愉快な気分の時に、一つの絵が目に止まりました。

その絵がこちらです。


《フェルメール 窓辺で手紙を読む女》

この絵を見た時に、芸術の力ってすごいなって思いました。

今まで確かにあった、不快感や腹立たしさ、苛立ち、色んな黒パターンの感情が一気に吹っ飛んだのです。もうどうでもいいやそんなこと、と思えるくらに、一気に白パターンの感覚に引っ張られたのです。


静けさに満ちたこの絵からは、暖かさや穏やかさ、優しさ、そんな何とも言えない気持ちよさを、この絵全体から受け取りました。


そしてこの絵を観ながらさっきのは何だったんだろうと考えた時、パターンとしては、間違いは謝るべき、というのがあり、謝られていないことを、負けた、舐められた、と思ったのです。

そして、

◯もう負けた、舐められたと決めつけるのはやめよう

と思った時はすでに、この絵が持つ白パターンの世界に在ったので、楽に選べていました。


この絵はホントに気持ちがよくて、気持ちよすぎて何回も行ったりきたりして、正味30分くらいこの絵の周りをうろうろしていました。


それほどこの一枚の絵から受け取った、黒パターンから白パターンへの大転換は衝撃的すぎたのです。


ぜひ本物を皆んなにも観てもらいたい。

そんな風に思った絵は初めてです。



最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page