• 渡邊 優

昨日は久しぶりに、上野の東京都美術館に行ってきました。

その美術館でちょっとした事件があったんです。


私が、さあ、芸術鑑賞するぞ!と気合を入れてワイヤレスイヤホンを装着し、ノイズキャンセラーのスイッチを入れて無音の世界で絵を鑑賞していました。それから小一時間経った頃、突然隣の男性から肩を叩かれたんです。その男性は「イヤホン外せ!」とジェスチャーしていました。

私がイヤホンを外して何ですか?小さな声で尋ねると「音漏れしていないか?」と聞いてきたのです。

私は・・・「ありえないだろ、ノイズキャンセリングして無音なのに・・・」と思ったのですが、その男性から「イヤホンから音が聞こえないから違った」と言われました。


おいおいちょっと待て!違ったじゃないだろ、謝るのが先だろ!と思い、非常〜〜〜〜に不愉快な気分になったのです。


そんな不愉快な気分の時に、一つの絵が目に止まりました。

その絵がこちらです。


《フェルメール 窓辺で手紙を読む女》

この絵を見た時に、芸術の力ってすごいなって思いました。

今まで確かにあった、不快感や腹立たしさ、苛立ち、色んな黒パターンの感情が一気に吹っ飛んだのです。もうどうでもいいやそんなこと、と思えるくらに、一気に白パターンの感覚に引っ張られたのです。


静けさに満ちたこの絵からは、暖かさや穏やかさ、優しさ、そんな何とも言えない気持ちよさを、この絵全体から受け取りました。


そしてこの絵を観ながらさっきのは何だったんだろうと考えた時、パターンとしては、間違いは謝るべき、というのがあり、謝られていないことを、負けた、舐められた、と思ったのです。

そして、

◯もう負けた、舐められたと決めつけるのはやめよう

と思った時はすでに、この絵が持つ白パターンの世界に在ったので、楽に選べていました。


この絵はホントに気持ちがよくて、気持ちよすぎて何回も行ったりきたりして、正味30分くらいこの絵の周りをうろうろしていました。


それほどこの一枚の絵から受け取った、黒パターンから白パターンへの大転換は衝撃的すぎたのです。


ぜひ本物を皆んなにも観てもらいたい。

そんな風に思った絵は初めてです。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で