top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年で50歳となりました。今日まで18286日生きてきたわけですが、その時間を無駄にしなかったか?と聞かれたら十分無駄な時間を過ごしましたし、もっと真剣に自分に取り組めばよかったと思います。ですが今ならまだ間に合う、とも思うんです。どうしたらいいか分からなかった若かりし日よりも今なら、まだどうしたらいいのかが分かる。それは毎日を自分に集中して大事に生き、そして自分を育てる。そのことに振り切っていこう50歳になって決心がつきました。


若い時は自分の中の不安や恐れをどうしたらいいのか分からなかった。だから外側に答えを求めていましたし、そこしか知らなかったんです。まさか自分の中に答えがあろうとは・・・


今年を一つの区切りとして、50歳からはこちら側へ振り切った人生、それを歩んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page