• 渡邊 優

今年最後の勉強会も無事に終わりました。本当に沢山学んだ一年でした。

グループの学びにおいていつも思うことは、良い刺激をもらえるというもの。

時につまずき、時に苦しみ、そこを乗り越えていく姿がなんとも静観で凛々しくも見えます。

しかも、その苦しみや辛さがこの学びをしていると本当によくわかる。だから頑張って欲しいと思うし、自分も頑張ろうと思えるのです。


そして良い刺激だけではなく、気づきももらえます。自分だけの知恵や経験ではどうしても限界があって、同じ仲間の体験を通してもらえるアドバイスやパターンなどは本当に参考になるし、自分にも当てはめられて、実際のワークに応用できます。

きっと、仲間や友人というものは本来こういう関係性なのだと思いました。

変な依存はない、けれども、仲間の問題には真剣になって考えて、パターンと感覚を傾聴し、イメージを膨らませて仲間の世界に入ってゆく、そして応えていく。決して上からでもジャッジもなく、相手のために応えていく。そこにはきっと相手を思いやる気持ちがあるのだと思いました。

だからこそガチになれる。


そんなことを改めて考えさせられる、年内最後の勉強会でした。


本当にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ