top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日はこれから茅ヶ崎グループの勉強会です。

同じ志を持っている仲間と日々の出来事の話をしたり、そこで騒いだパターンの話をするのは、自分の気づいていないことに気付かされるのでとても新鮮です。


そして同じ志を持っているので、パターンから生まれる苦しみや辛さ、そういった感情に対しての理解があるので、自分のことを話していても安心感があります。

それは普段の人間関係ではあまり感じることのない連帯感というか、優しさというか、同じところを目指している仲間独特な感情なのだと思います。


そして普段はあまり使わない脳の部分も、この時に使っていると思います。

何かを難しく考えるのではなく、シンプルに正直に素直に考え、受け止めていく。そんなシンプルな脳の使い方です。


前回のセミナーから約1ヶ月、この間の出来事など踏まえ、今日も皆んなから学んでいこうと思います。


行ってきます。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Hozzászólások


A hozzászólások ki vannak kapcsolva.
bottom of page