• 渡邊 優

さて、今日はこれから勉強会です。

コロナ騒動もあり、なかなか皆で集まることができずにいましたが、やっと今日集まることができます。

この2ヶ月に1度の勉強会が私は好きです。仲間たちの頑張っている姿や新たな意味づけ、そこから学ぶことは本当に多くて、新たな視点や白パターンを学ぶには違う性質の仲間から学ぶのが一番にも思います。それは新たな気づきであり新たな在り方です。一人では行き詰まり見えなくなることがあっても、この仲間の話を聞くとハッとすることもあり、複数で行う勉強会ならではの気づきや発見がそこにはあります。


でも、そんな好きな勉強会も昔は仲間と比べてばかりでした。あっ、自分の方が上かも、あっ負けた・・などなど。その度に自分はダメで皆んなは凄いとか、いやいや、自分も負けてないよなと、比較してばかりいたのを思い出します。そんな昔でもないけど!(笑)

そんな人の話を聞きながら自分と比べるという、何とも失礼な状態でした。


「誰かと比較してもしょうがないんだよ、自分は自分だから」そんなフレーズは本や色々な人から聞いていましたし、理屈では分かっていました。しかし、こればかりはなかなか腑に落ちずに胸の奥の方で燻っていたのです。これを府に落とすには、ワークをひたすらやるしかなかった。比較して自分を責めて苦しんでワークをするの連続だったと思います。実際今でも全然やりますし!笑


グループで学ぶことに、この比較から降りるということがあります。これは自分をジャッジしないということです。そのままの自分を見ていく。


そんなありきたりだけど、大切なことを学ばせてもらえる勉強会が、私は好きなんだと思います。




最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価