top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は今流行りの、zoomでの勉強会でした。


久々に会う道場仲間の顔はいつもと全く変わらず本当に安心します。

特に今のような社会不安が強い時、流石だなーと。

普段から自分を見て、自分の中の恐怖と不安に対峙しているからこそ、私の目には強くたくましく写りました。


ここが、この学びをして来た成果だと思いました。

それは、腰を据えて地に足をつけた新たな生き方です。


少しでも、不安と恐怖に飲まれない新たな生き方を、多くの方にして頂きたいと願います。

それは、自分だけの人生を生きるということでもあると思いました。


外部環境に翻弄されるのではなく、現実を受け入れて、正しい判断と行動ができ、そして覚悟を伴って生きていく。


そんな強い生き方を皆さんがしていて本当に励みになりました。


次のセミナー、また勉強会が楽しみです。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

댓글

댓글을 불러올 수 없습니다.
기술적인 오류가 발생하였습니다. 연결 상태를 확인한 다음 페이지를 새로고침해보세요.
bottom of page