top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会でした。

前回行われたオープンセミナーでの出来事や、その時に動いた自分達の黒パターンを再点検する貴重な時間でした。


自分でも気づいていなかったパターンやその内容など、勉強会では仲間からの質問で「ハッ!」っと気づくことがあります。一人ではそこまで注視できなかったパターンに気づけること、これこそ勉強会の醍醐味ではないかと思いました。


私自身もこの勉強会で改めて

●心の中をほじくられたくない

という黒パターンと向き合いました。


今、その理由を一つ一つ点検し、なぜほじくられたくないのか?

なぜ心の中を見られたくないのか?バレたくないのか?

そんな突っ込んだ質問をパターンにしている最中です。


きっとこのパターンをケアできたら、ほじくられることも、他者のパターンをほじくることもできるようになり、より関わりを持って他者と向き合えるのではないかと思っています。


きっとオープンセミナーでの一番の収穫は、こういうことなのだと思います。

普段のいつもの仲間内では動かないパターンが動き、少々大変だけど、また一つ自分を許すことができきて、ほんの少し進むことができる。


こちらが本当のギフトなのかもしれません。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page