• 渡邊 優

今日は年内最後のバレエレッスンの日でした。

心身共にビシッと内側から引き上げられた感じがします。

バレエも自己探求も、自分を見ながら成長させていくところは一緒で、間違いながら、失敗しながらチャレンジします。行き着く先は決して満足するものではなく、終わりがない世界というところもそっくりのような気がします。それほど目指しているところが形あるものではないのだと思う。

しかもこの自己探求とバレエ、20年前の自分が見たら信じられないと思う。

なぜバレエ?なぜカウンセラー?

間違いなく????の連続が頭を飛び交うだろう。それほど想像だにしなかったことを今している。「ものになっているかどうかは別として」


不思議なものだ。決して縁がないと思うところに今この身を置いて楽しんでやっている。しかも来年は4年目だ。20年前の自分にあったら言ってやろう!お前、バレエやるよ!しかも楽しんでるよ!と。そして反抗したら見せてやろう、レッスン姿を。きっとあんぐりと口を開けて固まるだろう。

そんな想像すらできなかったこの2つを、間違いながら、失敗しながらもゆっくり続けていきたい。


そんなことをしみじみと思えるレッスンでした。



最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう