top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は年内最後のバレエレッスンの日でした。

心身共にビシッと内側から引き上げられた感じがします。

バレエも自己探求も、自分を見ながら成長させていくところは一緒で、間違いながら、失敗しながらチャレンジします。行き着く先は決して満足するものではなく、終わりがない世界というところもそっくりのような気がします。それほど目指しているところが形あるものではないのだと思う。

しかもこの自己探求とバレエ、20年前の自分が見たら信じられないと思う。

なぜバレエ?なぜカウンセラー?

間違いなく????の連続が頭を飛び交うだろう。それほど想像だにしなかったことを今している。「ものになっているかどうかは別として」


不思議なものだ。決して縁がないと思うところに今この身を置いて楽しんでやっている。しかも来年は4年目だ。20年前の自分にあったら言ってやろう!お前、バレエやるよ!しかも楽しんでるよ!と。そして反抗したら見せてやろう、レッスン姿を。きっとあんぐりと口を開けて固まるだろう。

そんな想像すらできなかったこの2つを、間違いながら、失敗しながらもゆっくり続けていきたい。


そんなことをしみじみと思えるレッスンでした。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page