• 渡邊 優

仮釈放 著 吉村昭を読んで。

浮気した妻を刺殺し、浮気相手を殺傷し、その母親を焼殺し、無期懲役に服した犯人が刑法に従い、15年目で仮釈放となった。

どれほど待ち望み、待ち焦がれた「自由」を犯人(菊谷)はこの実社会で享受することができるのか?という内容のものでした。

菊谷が望んでいた自由とは、白米があって、美味い飯が食えて、酒が飲めてタバコが吸えて、自分を見張る煩い刑務官もいない、そんな自由だったのです。

しかし現実は全く違っており、自分の素性をひたすらに隠し、嘘をつき、会話の端々に気を遣い、人の顔色を伺い、怯え、人との会話も減り、人を極力避けるようになり、受刑者であったことを気づかれまいとして、闇の中で息をひそめるようにして過ごすという、服役中に望んでいた自由とは程遠いものだったのです。

寧ろ刑務所にいた時の方が、自分の素性を知っている人がいて、理解してくれている刑務官いて、会話はできないが似たような仲間がいて、そことは心が通じ合えてる。刑務所にいた時の方が寧ろ自由であったと、菊谷は思うようになるのです。

自由とは外側だけに求めるものではなく、内側にあるものかもしれないと、考えさせられる内容でした。

人というものは、理解されたり、分かり合えたりすることで、自由を感じられるものなのかもしれません。

私たちのやっているパターンのケアも、理解し、受け入れ、少しずつ心を自由にしていっているものだと思います。

改めて自由というものを考えさせられる作品でした。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。