• 渡邊 優

仮釈放 著 吉村昭を読んで。

浮気した妻を刺殺し、浮気相手を殺傷し、その母親を焼殺し、無期懲役に服した犯人が刑法に従い、15年目で仮釈放となった。

どれほど待ち望み、待ち焦がれた「自由」を犯人(菊谷)はこの実社会で享受することができるのか?という内容のものでした。

菊谷が望んでいた自由とは、白米があって、美味い飯が食えて、酒が飲めてタバコが吸えて、自分を見張る煩い刑務官もいない、そんな自由だったのです。

しかし現実は全く違っており、自分の素性をひたすらに隠し、嘘をつき、会話の端々に気を遣い、人の顔色を伺い、怯え、人との会話も減り、人を極力避けるようになり、受刑者であったことを気づかれまいとして、闇の中で息をひそめるようにして過ごすという、服役中に望んでいた自由とは程遠いものだったのです。

寧ろ刑務所にいた時の方が、自分の素性を知っている人がいて、理解してくれている刑務官いて、会話はできないが似たような仲間がいて、そことは心が通じ合えてる。刑務所にいた時の方が寧ろ自由であったと、菊谷は思うようになるのです。

自由とは外側だけに求めるものではなく、内側にあるものかもしれないと、考えさせられる内容でした。

人というものは、理解されたり、分かり合えたりすることで、自由を感じられるものなのかもしれません。

私たちのやっているパターンのケアも、理解し、受け入れ、少しずつ心を自由にしていっているものだと思います。

改めて自由というものを考えさせられる作品でした。

最新記事

すべて表示

あらゆる執着が!

今、自分の語りかけを見てみるとあらゆる執着が転がっている。 お金への執着、異性への執着、趣味、物質、プライド、など。 これを持っているから安心できる、人より上だと思える、幸せだと思える、満足できる、優越感を感じられる。それらは他との比較や評価であり、またそれがないと生きて行けないとさえ思ってしまうほどのもの。 これらは全てパターンが思っていることですが、特にお金と異性への執着は強く、今思い返すとこ

どんな時でも真摯に。

今日から少しづつ「一人でも生きていける自分になろう」を選んでいます。 選んでいる感覚としては、体の奥の方から湧き上がる気力と生命力を感じます。また同時に、怒りが込み上げてきました。それは、今まで自分を大事にしてこなかったことに対する怒りです。ここでの大事にするとは、もっと、自分の正直な気持ち、思いを言っていいということです。それをせずに他人に合わせたり、パターンが傷つかないようにするために自分を明

初めての衝動

自分を引き上げたい。何が何でも、何としてでも、引き上げたい。心底そう思いました。自分が上がれば誰からも危害がなく、嫌な事もなく、不快にもならず、良い事尽くめだから。という事ではない、腹の底から湧き上がる衝動として、自分を引き上げていきたい。そう思ったのです。 それは、自分を大事にすること、自分を信じること、自分を認めること、自分を許すこと、自分を愛すること、そのように自分を扱って行くことは、自分に

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com