• 渡邊 優

先週の出来事。

久しぶりに不快な出来事がありました。

私の通っているサーフスクールには、私の紹介で入った友人のKさんがいます。

そのKさんが今年に入ってからほとんど来ていないのです。理由は明瞭で、Kさんが頼んでいるサーフボードが来ないため、もうこことは付き合いをやめて行こうと決めたからです。


そして先日、サーフスクールのコーチから連絡があり、「最近Kさん来ないけどどうしたんですか?」と聞かれ、少し迷った上で私は、「本当のことを言いますけど、物が来ないからです。何度も約束を破られたことが不快で、もう付き合うのをやめようと決めたみたいです」と伝えました。

コーチからは、「全然来ないから、来る人を優先で先に出してました。でもそうゆうことなら早めに手配します」と言っていました。そして最後に、「でもKさん、結婚して忙しくなったから来れなくなったというのもありますよね」と言った言葉に、不快感や腹立たしさや残念さが、私の中から湧き上がったのです。

この不快感や腹立たしさ、ガクッときた残念さは、期待を裏切られたからなのか、真意が伝わらなかったからなのか、見損なったからなのか、その辺りをもう少ししっかりと見て行こうと思います。

最新記事

すべて表示

納得

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。 そうしたら出るは出るは…… 自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに

尊厳

先日の今年初の茅ヶ崎セミナーでは、最近の度重なる出来事を含め、自分の課題をしっかり認識することができました。それは自分の尊厳の回復。「相手を優先し、自分が我慢することが美徳」もしくは「理解あることが良し」など、それは自分が執着から離れたくないだけの理由でした。 ついにこの時がきたか、そんな心境です。それはずーっと手放したくなかったものを認め、依存や執着から卒業していく、子供の時に絶対に手放したくな

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com