top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンって不思議です。

自分の中のパターンが許されていないと、他人の中に同じパターンを見たときに同じように許せない思いが湧き上がってきます。まるで鏡のようにです。

もしくは、そこに触れるのを躊躇います。なぜなら、自分が触れられたくないから。

最近はそんな風にして他人から教わり、自分のパターンに気付かされます。

中立ワークでよくやったあれです。他人とは、自分のパターンに気づかせてくれる存在というやつです。その意味を、最近は以前よりも深く味わえるようになりました。


だから尚更、パターンには丁寧に愛情を持って接していくことが大事なのだと思いました。ここを大事にできないと、きっと他人のパターンもぞんざいに扱ってしまうと思うんです。それはダメなもの、あってはいけないものとして捉え、そう接し、そう伝えてしまう。

なので、まずは自分のパターンへ丁寧に語りかけてあげることが大切なのだと思いました。きっとそれは私から発露して、いずれ他人へと伝播し、そのまた他人へと伝播して周り回るのだと思います。


だから自分の在り方には責任があります。

基本を大事に、まずは自分への責任から。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page