top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この宇宙のルールが、神。

前回のセミナーで習ったことです。


それは、人の意識が介入して量子が働き、現実を創造するということです。


だから、どんな意識でいるのかが大切なのだと思いました。

それは、私の在り方が問われているのだと思うんです。

どんな哲学を持ち、どう生きているのか、私個という人間の在り方です。


まずは今日、私はどんな自分として生きるのか?

一切甘えず、強さと勇気を使う1日にします。





さて、来週26日の日曜日に「自分でできる心のケア講座」を開催します。


ネガティブな感情に飲み込まれた際、皆さんはどのようにしてその感情に対処していますか?

そんな感情の対処の仕方と向き合い方を「自分でできる心のケア講座」でお伝えします。


当日は、感情がどこからどう生まれ、私たちにどう作用するのか、そしてどうして人によって受け止め方が違うのか。

そんな目から鱗の心のカラクリを聞いた後、実際に私たちにあるネガティブな感情とどう向き合い、どう対処していくのかを、カウンセリングの現場で使っているワークシートを使いながらご説明させて頂きます。日々の生活にご活用ください。


どうぞ、お気軽にお越しください。

皆さまの参加を心よりお待ちしております。


日時 2024年5月26日 (土曜日)13:00〜15:00

参加費 無料 

定員 3名

場所 藤沢市藤沢公民館・労働会館等複合施設 Fプレイス

神奈川県藤沢市本町12−17 3階 301会議室





最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

コメント


bottom of page