• 渡邊 優

先日の出来事。

彼女からマスクを買って欲しいと頼まれて、クリエイトに買いに行ったところ、30人ほどが開店前に並んでいました。マスクを買うのに並ぶんですよ!私も並んだのですが、開店と同時に店員さんが出てきて、子供用のマスクしか入荷がないとのことだったので、次はスギ薬局へ!

そこでは運よく5個入りのマスクが2袋残っており、1袋を手に持っていると、知らないおじさんから「ねえ?そのマスク買うの?」と突然聞かれ、「え?買いますよ」と返事をしたら、「チッ!」っと

「チッ!」っと聞こえたんですよ!もうカッチーン ときて、失礼すぎて、腹が立って、堪えましたが、ガチクソムカついて怒りマックスですよ!


「非常識な人が嫌」というパターンが大騒ぎしました。

でも分かっているんです。

この「非常識な人が嫌」というパターンの言い分の中には、舐められた気がして、見下された気がして腹が立ったということは。

ここはいつも引っかかる場所。

その場では「ぐぬぬぬぬ。。」となりながらも、家に帰って自分を落ち着かせ、いつも通りのワークを行うと、今までいた場所とは全く違う安らぎのある場所へと帰っていきました。


こんな時、本当にワークがあって助かったと思う。

いつまでも思い煩うことなく、ストレスで苦しむこともなく、自分で自分を救出できる。

怒りとストレスにまみれた場所から自分を救い出すことができる。


はぁー助かった!


危うくマスク一つで争うところだった。


最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的