top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日の出来事。

彼女からマスクを買って欲しいと頼まれて、クリエイトに買いに行ったところ、30人ほどが開店前に並んでいました。マスクを買うのに並ぶんですよ!私も並んだのですが、開店と同時に店員さんが出てきて、子供用のマスクしか入荷がないとのことだったので、次はスギ薬局へ!

そこでは運よく5個入りのマスクが2袋残っており、1袋を手に持っていると、知らないおじさんから「ねえ?そのマスク買うの?」と突然聞かれ、「え?買いますよ」と返事をしたら、「チッ!」っと

「チッ!」っと聞こえたんですよ!もうカッチーン ときて、失礼すぎて、腹が立って、堪えましたが、ガチクソムカついて怒りマックスですよ!


「非常識な人が嫌」というパターンが大騒ぎしました。

でも分かっているんです。

この「非常識な人が嫌」というパターンの言い分の中には、舐められた気がして、見下された気がして腹が立ったということは。

ここはいつも引っかかる場所。

その場では「ぐぬぬぬぬ。。」となりながらも、家に帰って自分を落ち着かせ、いつも通りのワークを行うと、今までいた場所とは全く違う安らぎのある場所へと帰っていきました。


こんな時、本当にワークがあって助かったと思う。

いつまでも思い煩うことなく、ストレスで苦しむこともなく、自分で自分を救出できる。

怒りとストレスにまみれた場所から自分を救い出すことができる。


はぁー助かった!


危うくマスク一つで争うところだった。


最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page