• 渡邊 優

バレエレッスン。

ここ2週間、私が通っている火曜日の入門・基礎クラスがお休みでした。

先日の魂の成長に繋がるものの一つに、バレエがしっかりと入っています。

当初「いつ辞めたろか!」と思っていたバレエが、魂の成長と言うカテゴリーの上位に、ランクインしてきました。

自分ではあまり驚きはありませんが、他人からの視線は今まで見たどんな視線よりも、驚きと冷ややかさが伺えます。


父親にバレエの話をいてる時も「お前は本当に変なやつだ」と引き気味に言っていました。

きっと自分の理解の範囲を完全に超えているのだと思います。


今となっては全く変だと思っていないバレエも、以前の私も、父親と同じような目線で自分のやっているバレエを見ていました。

それは自分とバレエを否定し、受け入れられずにいた時代です。

それはそれは、辛くて苦しい時代でした。

他人の目線を気にしながら自らをも否定しているのですから当然です。

しかしレッスンを続けていくうちに、バレエの凄さを体験したのです。

それは堂々とすると言うこと。背筋を伸ばすことから始まり、体を大きく使うことに繋がります。

言われていることはキツいのだけれど、やらされていることは堂々とした振る舞い。

こんなに堂々とすることって、今までなかったと思います。

特に「王子になったつもりで!」と言われた後にやった正々堂々とした振る舞いは、俗に言う、「威張っている」と言う態度とは全く違い、自身の存在を肯定し、表現するとい新たな世界を見た気がしました。これは気持ち良かった!


こんな風にして、新たな世界を学び、少しづつ自分をぶっ壊してしていく。

これが快感になってきています。


バレエレッスン、来月からまた楽しもう!




最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声