top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、ニ◯リに買い物に行った時の出来事です。

商品在庫を確認したところ、こちらですと。

いやこちらです、アッ、こちらです。と、たらい回しにされカチン!

見本の中身を見せて頂きたい旨を伝えると、見本こちらですと。

アッ、ありません・・・オロオロオロオロ、でまたカチン!

上司に聞いてみたら?と言いましたが、内心はイライラMAX!

「思い通りであって欲しい」のパターンがカチンカチンしてました。

実は私は、このような「仕事」という場面では以前から、「仕事とはこうあるべき」というパターンがカチンカチンすることが多いのです。

「仕事はテキパキやるべき」や「仕事には責任を持つべき」などのパターンが私は強いようにも思うので、ここはしばらくこれらのパターンと向き合ってみたいと思います。

カモーン、こうあるべきものたちよ!


それから全く関係ないことですが、今日から連続ドラマ結婚できない男の続編、「まだ結婚できない男」が始まります。

前作を見たときからこのドラマにハマり、今日から続編が始まるのをものすごく楽しみにしていました。

前作では主人公の阿部寛が、不器用(感情表現や人間関係)でありながらもパターン全開で、男の一人を徹底的に満喫し、我が道を行くコミカルなドラマなんですが、パターン全開でも妙に正直で素直なところがあり、憎めない役柄がやけに面白いんです!

今日の21時からです。オススメです。




最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page