top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、ニ◯リに買い物に行った時の出来事です。

商品在庫を確認したところ、こちらですと。

いやこちらです、アッ、こちらです。と、たらい回しにされカチン!

見本の中身を見せて頂きたい旨を伝えると、見本こちらですと。

アッ、ありません・・・オロオロオロオロ、でまたカチン!

上司に聞いてみたら?と言いましたが、内心はイライラMAX!

「思い通りであって欲しい」のパターンがカチンカチンしてました。

実は私は、このような「仕事」という場面では以前から、「仕事とはこうあるべき」というパターンがカチンカチンすることが多いのです。

「仕事はテキパキやるべき」や「仕事には責任を持つべき」などのパターンが私は強いようにも思うので、ここはしばらくこれらのパターンと向き合ってみたいと思います。

カモーン、こうあるべきものたちよ!


それから全く関係ないことですが、今日から連続ドラマ結婚できない男の続編、「まだ結婚できない男」が始まります。

前作を見たときからこのドラマにハマり、今日から続編が始まるのをものすごく楽しみにしていました。

前作では主人公の阿部寛が、不器用(感情表現や人間関係)でありながらもパターン全開で、男の一人を徹底的に満喫し、我が道を行くコミカルなドラマなんですが、パターン全開でも妙に正直で素直なところがあり、憎めない役柄がやけに面白いんです!

今日の21時からです。オススメです。




最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page