• 渡邊 優

先週末は小田原城にお花見に行ってきました。


コロナウィルスのためこの2年間小田原城ではお花見が開催されませんでしたが、2年ぶりの開催で、老若男女が皆んな楽しそうにニコニコしながら思い思いの話に花が咲いているようでした。


美しい桜を愛でている時の人達は、それはそれは穏やかで、楽しそうで、今この瞬間を満喫しているようです。きっと一瞬で散ってしまう桜には、人を幸せにする何かがあるのだと思います。

今も昔も変わらずに、皆んなが桜を楽しんでいたと思うと、人の一生って案外短いのかもしれないな〜と考えていました。


黒パターンでいるときは、生きていていいことあるのだろうか?と考えたり、

人生は苦しいもの、辛いもの、なぜなら皆んながそうなのだから。

と自分に言い聞かせたりもしてきました。


しかしこの桜を見ていると、この瞬間だけは色んなことを傍に置いて、人は人生を楽しむことができるのだと思います。

今この瞬間しか見れない桜に感謝しながら、今を一生懸命に生きて、少しでも魂を成長させたい!

自然の力に圧倒されながらそんなことを考えていました。





圧巻でした


最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で