• 渡邊 優

先日、東京両国にある江戸東京博物館に行って来ました。

ここ、メチャメチャ楽しい!

江戸初期から現代までの東京をテーマにして、あらゆる角度から首都東京の移り変わりを見せてくれます。どこが良かったというよりも、全て良かった。

江戸情緒溢れる中村歌舞伎座も、江戸時代の屋台も、夕涼みをしながら眺める花火も、お武家様のお屋敷も、近代化が進む明治維新から大正も、昭和の大東亜戦争から現代に至るまで。

あらゆる原寸大の模型からミニチュアまであり、気がついたらその世界にどっぷりとハマっていました。歴史を見るというよりも、その時代の生活や空気を感じてまるで自分がその場にいるかのような錯覚に陥っていました。しかも6時間も!気がついたら最後の一人となっており、見応え十分な江戸東京博物館は必ずまた行こう!と誓うほどのお気に入りの場所となりました。




そしてランチは下町らしく、どぜう鍋定食。どじょうの鍋です。

周りでは日本酒をキュッとやりながらどじょうをつつくという粋な食べ方をしている地元のおじ様たちがチラホラ。

胡座をかいて食べるどぜう鍋は味はイマイチだけど(泥臭い・・)気分だけはお侍さんとなり、龍馬も食べたのかな〜などと独り想像して食べていました。


たまにはこんな一人の東京巡りもいいもんだ!



最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的