• 渡邊 優

村上春樹の1Q84を読了しました。

春樹の世界にどっぷり漬かり、次の展開が気になり、どんどん読み進まれていく内容は、村上春樹が世界中で愛されている理由が良く分かる小説でした。


三人称で進んでいくこの小説のテーマは複数あると思われ、1つは宗教、もう1つは男女の愛であり、もう1つは生きるということ。


性行為のない受胎などは、イエスの処女懐胎を彷彿させ、謎の中の謎を生み、しかし合点がいく結果も読者を満足させます。

400ページ×全六巻という長さにありながらも、読んだあとには軽さがあり、村上春樹らしい曖昧な終わり方も次の小説読ませたくさせます。


小説の良いところは、想像力をフルに使い、その世界にどっぷりと浸かれるところですね。


さて、今週末は高校の同窓会です。

以前のブログでも紹介しました謝った彼ともついにご対面です。

また今日になって色々と夢で思い出したりと、当時のインナーチャイルド達に会いにいっていました。

どんなドラマが展開されるのか、プロセスを楽しんでいこうと思います。






最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同