top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

10年前の自分と今の自分の変化を見る宿題をやっています。


10年前の自分を改めて思い出すと、全く違う自分がいるのが分かります。

パターン全開で、お金や地位や名誉など、目に見えるものに価値を見出し、パターンを全然ケアできていなかった自分。決して恥ずかしくはないけれど、それしか知らずに必死に生きていたのを覚えています。


他人と比較して、勝つこと、上にいくことが良いことで、他人との関わりに怒りや不満や恐れや不安を覚え、常に自分の中で誰かと戦っていた気がします。その戦いに安息はなく、周りばかりを気にして競争の世界で戦う、そんな毎日でした。それは他人に対して引っかかることが多かったということです。そしてそれが「仕方がない」こととして自分でも納得していたのです。またそれが正しい在り方と信じいていたのがパターンでした。そう考えると今は随分と楽に生きている自分がいます。他人との比較ではない自分の在り方を自分で決め、そして自分を引っ張り、それが仕事につながれば尚いいです。


この10年で私は全然違う人間になった気がします。それはパターンをケアするのがどれほど大切なことか、そして自分の人生を生きることがどれほど喜ばしいことか、それを実感できる10年でした。そう考えるとこの先の10年はどんな10年になるか楽しみでもあります。


将来が楽しみになるって良いですね。

そんな自分の10年の変化を考える良い機会です。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page