top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「全ては魂の成長のため」先日のセミナーで学んだことです。

普段の生活では毎日の仕事、子育てと忙しく、そこまで大きな目で自分の人生を捉えることが難しいと思います。でも、子育ても仕事も「全ては魂の成長のため」と考えると、また違った見方ができるのではないかと思います。


それは、嫌だと思っていた今の仕事から自分は何を学べるのか?スキルなのか、仕事への向き合い方なのか。視点を変えるだけできっと、自分の糧になることが増えてくると思います。

慌ただしく目の前のことで精一杯だった子育ても、我が子のためなら、この子の個性への理解を深めてみよう。などなど、私は経験したことがありませんが、きっと学ぶことも、喜びも沢山あるのだと思います。


そう考えると、人生そのものが学校で、学びの場に思えてきます。


私もそうです。毎日が学びの連続と、選択の連続です。

失敗しながら、間違えながら学ぶことも沢山あるし、「あ〜またやってるわ自分」とその都度凹むこともしばしばです。

でも、その全てが「魂の成長のため」であるならば、ちゃんと反省をして、もうそれは選ばないと決めて、またことに当ればいいだけのことです。


そう、深刻にならなくてもいいということ。(自分に言ってる 笑


全ては魂の成長のため。この学校で、気楽に学んでいこうと思う。




最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page