top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を愛すことができなければ他人を愛すことはできないし、自分を許すことができなければ他人も許すことはできない。自分を理解することができなければ他人を理解することはできないし、自分を認めることができなければ他人を認めることはできない。

最近このことをとても実感しています。


他人を認めようと思っても、パターンが、俺!俺!俺!俺!と騒いで他人を認めるどころでは無いし、他人を理解しようと思っても、許そうと思っても、愛そうと思っても、パターンが、俺!俺!俺!俺!と騒いで他人どころではなくなる。だから、まずは自分のパターンから愛して、認めて、理解して、許して、としないと、他人に純粋に意識を向けることが難しいのだと思いました。


当然といば当然なのですが、自分が満たされていないと中々他人まで目が届かないし、気持ちもいかない。自分を蔑ろにして他人を優先は、パターンが騒いで当然です。

これは、当然の摂理なのだと思いました。


腑に落ちて理解が出来たこの頃ですが、これからはそれも踏まえて、「置いといて」も実践に入れていこうと思うのでした。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page