• 渡邊 優

自分を愛すことができなければ他人を愛すことはできないし、自分を許すことができなければ他人も許すことはできない。自分を理解することができなければ他人を理解することはできないし、自分を認めることができなければ他人を認めることはできない。

最近このことをとても実感しています。


他人を認めようと思っても、パターンが、俺!俺!俺!俺!と騒いで他人を認めるどころでは無いし、他人を理解しようと思っても、許そうと思っても、愛そうと思っても、パターンが、俺!俺!俺!俺!と騒いで他人どころではなくなる。だから、まずは自分のパターンから愛して、認めて、理解して、許して、としないと、他人に純粋に意識を向けることが難しいのだと思いました。


当然といば当然なのですが、自分が満たされていないと中々他人まで目が届かないし、気持ちもいかない。自分を蔑ろにして他人を優先は、パターンが騒いで当然です。

これは、当然の摂理なのだと思いました。


腑に落ちて理解が出来たこの頃ですが、これからはそれも踏まえて、「置いといて」も実践に入れていこうと思うのでした。

最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると