top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

誰が考えているのか、誰がそう思っているのか、誰がそう決めているのか、そんな自分を見ていると、パターンであるのがわかります。特に他人に関してはその殆どがパターンです。(あいつがこうだから、この人がこう言ったから・・など)そして自分に関して考えているとき「どうして自分はそう思うのか、どうしてそう感じるのか」その場合は私で考えています。自分に集中するって、大事なことだと思いました。自分を知り、自分を理解し、自分を受け入れる。時に厳しく、時に優しく、決して甘やかすのではなく、自分で自分を指揮していく感じです。


この誰が、というのはとても大事で、意識的か無意識かで大きく違うのだと思いました。

受け入れられたい、認められたいとパターンがなびこうとする時、強制的にそこに行かないようにしています。パターンに主導権を渡さず私で考え、決めていく感じです。

最初は違和感があり、不安と共にいる感じですが、(きっとパターンは今までと違うから不安・・・)ここは強い意志力のもと、強制的に自分を書き換えていこうと思います。


誰がそう考え、思うのかをよく見ながら。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page