top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自粛警察ではなく、本物の警察が自宅マンションの裏に4〜5人出動していました。

やけに物々しく、何か事件でもあったのかの思ったのですが、どうやら隣人からの苦情とのことでした。子供達数人がスケボーをやっていると。

恐らく小学生の高学年から中学生くらいだと思います。


子供達はシュンとしており、また警官の方も少し困ったような状態でした。

また、通報したであろう方もいて何かをしきりに警官へ訴えていました。

私はこれを見て、ウイルスよりも人間の方が怖いかも・・・と思ったのです。

正確に表現すると、人間の持つ黒パターンの方が怖い。


ピリピリしてあらゆることが目につくようになってくる。

些細なことが許せない。イライラする。腹が立つ。

そしてその状態も本人が気づいていない。


穏やかにいる。今のような不安の多い時、それがいかに大変なことかはよく分かります。

それでも、そう努める努力はしなければ。

今求められているのは協調や理解、日本人の持つ和だと思います。


本当にこのコロナウイルスから、大きなものを人類は突きつけられている気がします。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page