• 渡邊 優

自粛警察ではなく、本物の警察が自宅マンションの裏に4〜5人出動していました。

やけに物々しく、何か事件でもあったのかの思ったのですが、どうやら隣人からの苦情とのことでした。子供達数人がスケボーをやっていると。

恐らく小学生の高学年から中学生くらいだと思います。


子供達はシュンとしており、また警官の方も少し困ったような状態でした。

また、通報したであろう方もいて何かをしきりに警官へ訴えていました。

私はこれを見て、ウイルスよりも人間の方が怖いかも・・・と思ったのです。

正確に表現すると、人間の持つ黒パターンの方が怖い。


ピリピリしてあらゆることが目につくようになってくる。

些細なことが許せない。イライラする。腹が立つ。

そしてその状態も本人が気づいていない。


穏やかにいる。今のような不安の多い時、それがいかに大変なことかはよく分かります。

それでも、そう努める努力はしなければ。

今求められているのは協調や理解、日本人の持つ和だと思います。


本当にこのコロナウイルスから、大きなものを人類は突きつけられている気がします。

最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的