top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

認められたい、大切にされたい、愛されたい、理解されたい、tec

私は沢山の人を使って上記の黒パターンを満たしてきました。今でもその片鱗はあって、気をつけていないと簡単に他人を使って黒パターンを満たそうとします。


最近選んでいる、◯もう他人を使って自分の黒パターンを満たすのはやめよう、とは具体的にはどういうことなのだろう?と改めて考えてみました。


自分で自分を認めればいいし、自分で自分を愛すればいいし、自分で自分を大切にすればいいし、自分で自分を理解すればいい。全て自分で自分の面倒を見ていけばいいのだと思いました。


他人に依存することなく自分のことは自分でやっていく。自己責任で。


黒パターンがまた他人に何かを求めていると感じたなら、白パターンを選ぶのと一緒に、大丈夫、私がいる。そう呟くようにしています。そこにいていいと。


自分の責任をとるとは当たり前のことだけど、案外やってこなかったかも・・

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page