top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

継続は力という言葉を耳にします。仕事、勉強、習い事、スポーツなど、継続には様々なことがありますが、そのどれをとっても継続してきたことには力が宿ると思います。それは何とかここまでやってこれた自信だったり、実際の結果だったりと、それは自分を支える力として残っていると思います。


しかしそこに一つ付け加えたいものがある、それは、ただやるだけではなく、意識をしてやるということ。これは意識して白パターンを選ぶということにも似ていますが、意識的に(集中して)行うだけでいつの間にか自分のものになっていたという経験はあると思います。九九を覚えるのも、自転車に乗るのも、初めは覚えようと意識したものが出来るようになるとそれがいつの間にか自然になる。

人は30回同じことを繰り返すとそれが定着すると何かの本で読みました。30回、毎日やれば1ヶ月。そこを一つの節目として何かを継続するのもいいかもしれないです。


私は最近ではもっぱら、白パターンを選ぶ。これに尽きています。


今日はこれからバレエです。体の隅々まで意識して、集中してレッスンを受けてきます。

なぜなら意識せず、集中していないとバレて怒られますよ!笑

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page