• 渡邊 優

継続は力という言葉を耳にします。仕事、勉強、習い事、スポーツなど、継続には様々なことがありますが、そのどれをとっても継続してきたことには力が宿ると思います。それは何とかここまでやってこれた自信だったり、実際の結果だったりと、それは自分を支える力として残っていると思います。


しかしそこに一つ付け加えたいものがある、それは、ただやるだけではなく、意識をしてやるということ。これは意識して白パターンを選ぶということにも似ていますが、意識的に(集中して)行うだけでいつの間にか自分のものになっていたという経験はあると思います。九九を覚えるのも、自転車に乗るのも、初めは覚えようと意識したものが出来るようになるとそれがいつの間にか自然になる。

人は30回同じことを繰り返すとそれが定着すると何かの本で読みました。30回、毎日やれば1ヶ月。そこを一つの節目として何かを継続するのもいいかもしれないです。


私は最近ではもっぱら、白パターンを選ぶ。これに尽きています。


今日はこれからバレエです。体の隅々まで意識して、集中してレッスンを受けてきます。

なぜなら意識せず、集中していないとバレて怒られますよ!笑

最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com