top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

外は暑い上に、体も暑い・・・

表向きの熱は治まっているのですが、体内の熱がまだカッカしている状態です。


私はワクチンを2回接種しているのですが、今回のコロナの症状は、ワクチンの副反応そのまんまを3倍か4倍にした強烈なやつでした。熱はもちろんのこと、倦怠感と体全体の痛み、目の奥の痛み、関節痛、筋肉痛の症状は同じで、痛さと、辛さと、苦しさが、数倍本物のコロナの方が上回っていました。違ったのは、喉の痛みがあることです。

夏風邪にしてはエライ強烈でした。


ワクチン2回打ったのに!!と思い、発熱外来に行った際ドクターに聞きました。

ワクチン打ったのに罹るんですね?そしたらドクターは、3回打っても罹る人は罹るよ、ただ重症化リスクが減るのと長引かないだけ、そう軽く仰っていました。


私はインフルエンザ、ノロウイルス、コロナウイルスと、流行りには乗っかってきましたが、どれも甲乙つけがたいです。


ノロウイルスは、上から下から出続けて、トイレから出れなくなりました。

インフルエンザは、熱が40度以上でて、リビングで動けなくなりました。

コロナウイルスは、寒さと痛さと苦しさで、布団から動けなくなりました。


どれもいい思い出ですね!

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page