top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分にしかできないこと・・

生きていく上で最も大切なことは何かな?と考えていました。

今の私にとっては、自分を大切にすること、自分を理解すること、自分を許すこと、自分を認めること、自分を受け入れること、それが、今の本当の私にとっての役目だと思います。


しかし以前の私は、自分を大切にすることや自分を認めることなど「ナルシストのすることだ!」と思い否定していました。自分を認め大切にするという意味づけが違っていたんです。

当時の私の意味づけでは、自分を大切にして認めることは、甘えること、温い考え、停滞すること、努力しないこと、弱さなど、きっと自分に鞭を打って頑張ることがよしとされていたんですね。


しかし、私の今の意味づけでは、自分を大切にして認めることは、何か感情が沸いた際にどうしてそう思ったのか、馬鹿にされたようで腹が立った、負けた気がして悔しかった、置いてかれたようで寂しかった、辛かった、悲しかたった、憎たらしかった、ムカついた、羨ましかった、嫉妬した、やもすると他人からは「ネガティブ」とレッテルを貼られジャッジされるようなことでも、自分をジャッジすることなく受け止めて、理解し、許していく、そんな自分があってもいいと。それが、自分を大切にして認めるという私の今の意味づけです。


以前の意味づけでは「自分に打ち勝つことや、前進すること」に価値が置かれていました。

しかし今の意味づけでは「理解や、受容や、許し」に価値が置かれています。


それが、自分の全てを許していく、本当の私の役目なのだと思います。

自分にしかできないことは、全ての自分を許すこと。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page