top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分にしかできないこと・・

生きていく上で最も大切なことは何かな?と考えていました。

今の私にとっては、自分を大切にすること、自分を理解すること、自分を許すこと、自分を認めること、自分を受け入れること、それが、今の本当の私にとっての役目だと思います。


しかし以前の私は、自分を大切にすることや自分を認めることなど「ナルシストのすることだ!」と思い否定していました。自分を認め大切にするという意味づけが違っていたんです。

当時の私の意味づけでは、自分を大切にして認めることは、甘えること、温い考え、停滞すること、努力しないこと、弱さなど、きっと自分に鞭を打って頑張ることがよしとされていたんですね。


しかし、私の今の意味づけでは、自分を大切にして認めることは、何か感情が沸いた際にどうしてそう思ったのか、馬鹿にされたようで腹が立った、負けた気がして悔しかった、置いてかれたようで寂しかった、辛かった、悲しかたった、憎たらしかった、ムカついた、羨ましかった、嫉妬した、やもすると他人からは「ネガティブ」とレッテルを貼られジャッジされるようなことでも、自分をジャッジすることなく受け止めて、理解し、許していく、そんな自分があってもいいと。それが、自分を大切にして認めるという私の今の意味づけです。


以前の意味づけでは「自分に打ち勝つことや、前進すること」に価値が置かれていました。

しかし今の意味づけでは「理解や、受容や、許し」に価値が置かれています。


それが、自分の全てを許していく、本当の私の役目なのだと思います。

自分にしかできないことは、全ての自分を許すこと。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page