• 渡邊 優

バレエスタジオに男性が加入しました。

そしてパターンも騒ぎました。「俺先輩!」と・・・


その彼は若干ハタチ、劇団四季を目指すべく研究生として入団するためにこのスタジオを選んだとのことでした。

手足は長く、足も太く、跳躍も軽々と力強くどこまでも飛んでいく。

体も柔らかくしなやかで、全てが自分より上、でも、「俺先輩!」とパターンは騒ぐ・・


さてどうしたものか。

まず「自分の練習をしっかりやろう」これを選び続けるがやはり目に留まり比べてしまう・・

そして彼と自分のあまりの違いと現実を知り、劣等感を抱く。あ〜俺だめだ〜〜〜と。


さてどう立て直すか。

「レベルの違いをちゃんと受け止めよう」そして「自分の練習をしていこう」「自分のバレエをやっていこう」もうこれしかないな〜と思いレッスンに励のでした。


パターンて不思議なもので、年齢関係なく騒ぐものなのですね。

頭では、自分の息子くらいの年齢なのだから(息子いないけど)こんなこと思っちゃダメだ!と思うのですが、思考では収まりつかない世界にパターンはいて、やっぱりそこは目を逸らさずにちゃんと見ていく。そして自分のために新たな白パターンを選んでいく。

これに尽きるのだな〜と、改めて思うのでした。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側