top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

バレエスタジオに男性が加入しました。

そしてパターンも騒ぎました。「俺先輩!」と・・・


その彼は若干ハタチ、劇団四季を目指すべく研究生として入団するためにこのスタジオを選んだとのことでした。

手足は長く、足も太く、跳躍も軽々と力強くどこまでも飛んでいく。

体も柔らかくしなやかで、全てが自分より上、でも、「俺先輩!」とパターンは騒ぐ・・


さてどうしたものか。

まず「自分の練習をしっかりやろう」これを選び続けるがやはり目に留まり比べてしまう・・

そして彼と自分のあまりの違いと現実を知り、劣等感を抱く。あ〜俺だめだ〜〜〜と。


さてどう立て直すか。

「レベルの違いをちゃんと受け止めよう」そして「自分の練習をしていこう」「自分のバレエをやっていこう」もうこれしかないな〜と思いレッスンに励のでした。


パターンて不思議なもので、年齢関係なく騒ぐものなのですね。

頭では、自分の息子くらいの年齢なのだから(息子いないけど)こんなこと思っちゃダメだ!と思うのですが、思考では収まりつかない世界にパターンはいて、やっぱりそこは目を逸らさずにちゃんと見ていく。そして自分のために新たな白パターンを選んでいく。

これに尽きるのだな〜と、改めて思うのでした。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page