top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

現実を見ていくのって、大事なことだと痛感しています。

昨日の続きですが、彼女の中に、すでに私はいない、しかし私の中にはまだ彼女がいる。

これが、執着や囚われというものなのだと思いました。つまり執着や囚われている状態というのは、現実が見えていない。そういうことなのだと思います。


きっと生きていれば誰しもが経験すること、それが別れだと思います。

大切な人と別れる。信頼している人と別れる。それはきっと辛く悲しい出来事だと思います。

そんな時に自分を支えられるのは、やっぱり自分しかいない。

自分の気持ちを全て受け止めていく。理解していく。

そして自分のために新たな意味づけができたら尚いいと思いました。


私の中で"一人になる"というのは、「寂しい、孤独、つまらない、悲しい」こういったもののオンパレードでした。しかし今では少しづつ、「自由、解放、気楽、伸び伸び、成長、強くなるかも、人間の幅が広がるかも」こういったものも感じられるようになっています。


そうやって自分を支え、少しづつ成長していくのだな〜と実感しています。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page