• 渡邊 優

以前、こちらでもご紹介しましたが、自分を支える特権意識というものを学びました。

この特権意識というものは、学歴であったり、職業であったり、地位であったり、はたまた出身であったりと、「自分は特別だ」と思わせる何かです。


この特権意識の基とも言うべき「自分は特別だ」という私の黒パターンをよくよく見ていくと、この特権がないと、自分に価値を持てなかったり、自分に自信も持てなかったり、故に自分自身を支えられなかったりします。


私の場合の「自分は特別」という黒パターンは、自分がカウンセラーであったり、心や魂の勉強をしていることであったりします。

このパターンでいると、何かフワッとして、他に足が付いていない虚偽感を感じます。

一言で言うと違和感です。

誤った思考、「私」を欺く思考です。


まだ向き合い始めたばかりのこのパターンなので、腹落ちしないままここに書いていますが、白パターンは薄っすら見えてきています。

もしかしたらもう、特別ではないそのままの自分でいいのかもしれない。


今の段階ではこれがしっくりきます。


観察不足のパターンですが、もう少しこの特権意識と向き合いながら、後日また報告します。




最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

個人セッション

今日は久しぶりにカウンセリングの先生との個人セッションでした。 ここ1ヶ月ほど悶々としていたことが整理できてよかったです。この悶々としてきたパターン、1ヶ月ほど一人相撲をとっていたのですが、全く解消されずに今日に至ったのでした。その悶々とするパターンというのが「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」というものだったのです。 まだしっかりと向き合っていないためザックリとですが、このパターンの持つ思い通りの自

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com