• 渡邊 優

以前、こちらでもご紹介しましたが、自分を支える特権意識というものを学びました。

この特権意識というものは、学歴であったり、職業であったり、地位であったり、はたまた出身であったりと、「自分は特別だ」と思わせる何かです。


この特権意識の基とも言うべき「自分は特別だ」という私の黒パターンをよくよく見ていくと、この特権がないと、自分に価値を持てなかったり、自分に自信も持てなかったり、故に自分自身を支えられなかったりします。


私の場合の「自分は特別」という黒パターンは、自分がカウンセラーであったり、心や魂の勉強をしていることであったりします。

このパターンでいると、何かフワッとして、他に足が付いていない虚偽感を感じます。

一言で言うと違和感です。

誤った思考、「私」を欺く思考です。


まだ向き合い始めたばかりのこのパターンなので、腹落ちしないままここに書いていますが、白パターンは薄っすら見えてきています。

もしかしたらもう、特別ではないそのままの自分でいいのかもしれない。


今の段階ではこれがしっくりきます。


観察不足のパターンですが、もう少しこの特権意識と向き合いながら、後日また報告します。




最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声