top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

気づけば、こうならねば、こうあらねばと、自分に何かを課している自分がいます。

こうなりたい理想の自分であったり、もしくは周りの手前、こうありたい自分です。周囲の評価を気にして、メンツを守る自分ですね。


何度となく思い通りの自分にしなくていいをやってきたつもりでも、気づけばまた、元のところでもがき苦しむ自分がいます。


そんな時、この言葉を思い出しました。

自分が思う自分でなくていい。

他人が思う自分でなくていい。


先日の道場仲間のMさんの日記に書かれていた言葉です。


これには最近本当に救われています。

自分が思う自分→パターンの望む理想の自分。

他人が思う自分→パターンが他人からどう思われたいかの自分。


今思えば、これを求めて何かを必死にやってきたような気もします。

しかしそれは手に入らない、というよりも、本当の自分との乖離が大きいので苦しみは増すばかり。

できないものを無理に課している感じです。


自分が思う自分でなくていい。

他人が思う自分でなくていい。


しばらくマントラとして使おうと思います。

ありがとう!Mさん

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page