top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日ある方と話をしていて、「あいつは根性があるからすごい」と根性論の話を聞きました。

私はこの根性というもの、若い頃から苦手でした。根性をだせ、根性を見せろなど、根性でなんでもできる、超えられるという風潮がどうしても私には馴染めず、遠ざけていたものの一つです。そしてどこか苦しさを併せ持つ、という印象もあります。その根性というもの、最近こそ「根性」という単語を聞かなくなったものの、もしかしたら、ないよりはあったほうがいいのかもしれないと思い、根性について改めて考えてみました。


根性

+ ねばり強さ、やり抜く力、やり遂げる意思、達成する力、限界突破、あと一歩の力


0 絶対ではない、人による、ただ一つの体験


ー 無理強い、執着、囚われ、こだわり、勢い、非理論的、非科学的、怪我や事故に繋がる


どちらも一長一短ということがわかりました。


そして一番疑問なのが、神の資質に「根性」はあるのか??というもの。


そして恐らく私に根性は、あまりないのだと思います。

どちらかというと、意志力を使う方が主体性を感じて私にはしっくりきます。

ここも、人によるのかも。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page