top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日ある方と話をしていて、「あいつは根性があるからすごい」と根性論の話を聞きました。

私はこの根性というもの、若い頃から苦手でした。根性をだせ、根性を見せろなど、根性でなんでもできる、超えられるという風潮がどうしても私には馴染めず、遠ざけていたものの一つです。そしてどこか苦しさを併せ持つ、という印象もあります。その根性というもの、最近こそ「根性」という単語を聞かなくなったものの、もしかしたら、ないよりはあったほうがいいのかもしれないと思い、根性について改めて考えてみました。


根性

+ ねばり強さ、やり抜く力、やり遂げる意思、達成する力、限界突破、あと一歩の力


0 絶対ではない、人による、ただ一つの体験


ー 無理強い、執着、囚われ、こだわり、勢い、非理論的、非科学的、怪我や事故に繋がる


どちらも一長一短ということがわかりました。


そして一番疑問なのが、神の資質に「根性」はあるのか??というもの。


そして恐らく私に根性は、あまりないのだと思います。

どちらかというと、意志力を使う方が主体性を感じて私にはしっくりきます。

ここも、人によるのかも。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page