top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私のパターンに「地位と権力と財力には力がある」というものがあります。

それを求め、それを得て、それを支えにし、そこに価値と力があると信じてやまない、非常に強いパターンです。


今そのパターンと向き合っています。そのパターンは、地位と権力と財力、それ自体に力があり、それを持っている人にも価値があると決めつけています。なぜなら、それがあれば思い通りに生きられるし、他人にも馬鹿にされないし、自信にもなる、だから、それを失うのが怖くて、不安になり、耐えられないとパターンは思っています。


そうやってパターンは、外側のものに支えを求めていたのだと思いました。自分自身ではなく外側にです。暫くこの不安と恐怖の塊のパターンと向き合い、ケアしていこうと思います。

なぜなら、外側のものは移ろいやすくて変化も激しいから。

本来であれば、やっぱり自分を頼りにしていたい。きっとそこが本当の居場所だと思うんです。

私の中にある神の資質、強さとか、柔軟性とか、意志力とか、共感とか、調和とか、勇気とかetc•••


外側ではなく自分の内側に目を向けてそこを育てていきたいと思いました。

本当の安らぎを求めて。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page