top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

約一年ほど、朝夕の祈りを欠かさずやっています。

この祈りの姿勢で、純粋性というのが非常に大切なのだと最近感じます。


ただ祈るのではなく、純粋な気持ちや感謝を天に表す。

そうするには、雑念をなくし、思考を使わず、純粋な気持ちだけで祈る。

祈りを通してこの様な在り方を学ばせてもらっています。


もしかしたらこの純粋性というのは、生活のあらゆる場面、対人関係、仕事、関わるもの全てにおいて使っていくのが本来の筋なのかもしれない。

そう在ることによって、あらゆる物事がシンプルとなり、自他を縛ることなく、本来の「私」という純粋な個性を引き出すことが可能になる。そう感じます。


目に見えない心の在り方や、魂を見せることはできないけれど、その人と雰囲気で、安心できる人か、危険な人かは、大体の人が見分けがつくと思います。


そんな目に見えない、シンプルで楽な心の作り方を広めて行きたい。

きっと、単純な世界がそこにはあると思います。


今日から連休です。

良い週末をお過ごし下さい。


最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page