• 渡邊 優

約一年ほど、朝夕の祈りを欠かさずやっています。

この祈りの姿勢で、純粋性というのが非常に大切なのだと最近感じます。


ただ祈るのではなく、純粋な気持ちや感謝を天に表す。

そうするには、雑念をなくし、思考を使わず、純粋な気持ちだけで祈る。

祈りを通してこの様な在り方を学ばせてもらっています。


もしかしたらこの純粋性というのは、生活のあらゆる場面、対人関係、仕事、関わるもの全てにおいて使っていくのが本来の筋なのかもしれない。

そう在ることによって、あらゆる物事がシンプルとなり、自他を縛ることなく、本来の「私」という純粋な個性を引き出すことが可能になる。そう感じます。


目に見えない心の在り方や、魂を見せることはできないけれど、その人と雰囲気で、安心できる人か、危険な人かは、大体の人が見分けがつくと思います。


そんな目に見えない、シンプルで楽な心の作り方を広めて行きたい。

きっと、単純な世界がそこにはあると思います。


今日から連休です。

良い週末をお過ごし下さい。


最新記事

すべて表示

どんな時でも真摯に。

今日から少しづつ「一人でも生きていける自分になろう」を選んでいます。 選んでいる感覚としては、体の奥の方から湧き上がる気力と生命力を感じます。また同時に、怒りが込み上げてきました。それは、今まで自分を大事にしてこなかったことに対する怒りです。ここでの大事にするとは、もっと、自分の正直な気持ち、思いを言っていいということです。それをせずに他人に合わせたり、パターンが傷つかないようにするために自分を明

初めての衝動

自分を引き上げたい。何が何でも、何としてでも、引き上げたい。心底そう思いました。自分が上がれば誰からも危害がなく、嫌な事もなく、不快にもならず、良い事尽くめだから。という事ではない、腹の底から湧き上がる衝動として、自分を引き上げていきたい。そう思ったのです。 それは、自分を大事にすること、自分を信じること、自分を認めること、自分を許すこと、自分を愛すること、そのように自分を扱って行くことは、自分に

納得

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。 そうしたら出るは出るは…… 自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com