• 渡邊 優

約一年ほど、朝夕の祈りを欠かさずやっています。

この祈りの姿勢で、純粋性というのが非常に大切なのだと最近感じます。


ただ祈るのではなく、純粋な気持ちや感謝を天に表す。

そうするには、雑念をなくし、思考を使わず、純粋な気持ちだけで祈る。

祈りを通してこの様な在り方を学ばせてもらっています。


もしかしたらこの純粋性というのは、生活のあらゆる場面、対人関係、仕事、関わるもの全てにおいて使っていくのが本来の筋なのかもしれない。

そう在ることによって、あらゆる物事がシンプルとなり、自他を縛ることなく、本来の「私」という純粋な個性を引き出すことが可能になる。そう感じます。


目に見えない心の在り方や、魂を見せることはできないけれど、その人と雰囲気で、安心できる人か、危険な人かは、大体の人が見分けがつくと思います。


そんな目に見えない、シンプルで楽な心の作り方を広めて行きたい。

きっと、単純な世界がそこにはあると思います。


今日から連休です。

良い週末をお過ごし下さい。


最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問