• 渡邊 優

ダボス会議リセット理論。戦後システム時代遅れ。

来年1月に開催されるダボス会議、世界経済フォーラムのテーマが決まりました。

グレートリセットだそうです。(日本経済新聞より)


今まで私たちが培ってきた資本主義では地球環境が破壊されてしまう、これでは地球がもたない、ではどうするべきか。その一つがSDGSとなるようです。

コロナから学んだ、無駄なこと、無駄な消費、過剰消費をやめて、新たな価値観の枠組み作りをする。それが、今回のテーマのようです。

スケールデカイですね〜


資本主義という表現はもはや適切ではない、金融緩和でマネーが溢れ、資本の意味は薄れた。

今や成功を導くのは、イノベーションを起こす企業家精神や才能であって、寧ろ才能主義と呼びたい。

(本文より)

これからの時代は沢山お金を稼ぐことが成功ではなく、世のため、人のためになるイノベーションを起こすことが、成功という新たな基準になるようです。

そしてこのダボス会議では、お金に変わる何かを話し合うようです。

資本主義という、お金に縛られた価値観でいると取り残されるということでしょう。


目に見える形でどんどん世界が変わっていきますね!

私もしっかりと目を見開いて、自身のパターンもしっかりとケアし、新たな価値観の到来を歓迎出るようになりたいものです。


グレートリセット、考えさせられますね!



最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ