top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ダボス会議リセット理論。戦後システム時代遅れ。

来年1月に開催されるダボス会議、世界経済フォーラムのテーマが決まりました。

グレートリセットだそうです。(日本経済新聞より)


今まで私たちが培ってきた資本主義では地球環境が破壊されてしまう、これでは地球がもたない、ではどうするべきか。その一つがSDGSとなるようです。

コロナから学んだ、無駄なこと、無駄な消費、過剰消費をやめて、新たな価値観の枠組み作りをする。それが、今回のテーマのようです。

スケールデカイですね〜


資本主義という表現はもはや適切ではない、金融緩和でマネーが溢れ、資本の意味は薄れた。

今や成功を導くのは、イノベーションを起こす企業家精神や才能であって、寧ろ才能主義と呼びたい。

(本文より)

これからの時代は沢山お金を稼ぐことが成功ではなく、世のため、人のためになるイノベーションを起こすことが、成功という新たな基準になるようです。

そしてこのダボス会議では、お金に変わる何かを話し合うようです。

資本主義という、お金に縛られた価値観でいると取り残されるということでしょう。


目に見える形でどんどん世界が変わっていきますね!

私もしっかりと目を見開いて、自身のパターンもしっかりとケアし、新たな価値観の到来を歓迎出るようになりたいものです。


グレートリセット、考えさせられますね!



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Yorumlar


Yorumlara kapatıldı.
bottom of page