• 渡邊 優

ダボス会議リセット理論。戦後システム時代遅れ。

来年1月に開催されるダボス会議、世界経済フォーラムのテーマが決まりました。

グレートリセットだそうです。(日本経済新聞より)


今まで私たちが培ってきた資本主義では地球環境が破壊されてしまう、これでは地球がもたない、ではどうするべきか。その一つがSDGSとなるようです。

コロナから学んだ、無駄なこと、無駄な消費、過剰消費をやめて、新たな価値観の枠組み作りをする。それが、今回のテーマのようです。

スケールデカイですね〜


資本主義という表現はもはや適切ではない、金融緩和でマネーが溢れ、資本の意味は薄れた。

今や成功を導くのは、イノベーションを起こす企業家精神や才能であって、寧ろ才能主義と呼びたい。

(本文より)

これからの時代は沢山お金を稼ぐことが成功ではなく、世のため、人のためになるイノベーションを起こすことが、成功という新たな基準になるようです。

そしてこのダボス会議では、お金に変わる何かを話し合うようです。

資本主義という、お金に縛られた価値観でいると取り残されるということでしょう。


目に見える形でどんどん世界が変わっていきますね!

私もしっかりと目を見開いて、自身のパターンもしっかりとケアし、新たな価値観の到来を歓迎出るようになりたいものです。


グレートリセット、考えさせられますね!



最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで