• 渡邊 優

政府からの自粛要請が出て早1ヶ月が経ちました。

これから始まる大航海時代に向けて、どのような生き方を選択していくか。

今まで数々のピンチを迎えては、何とか乗り越え、必死に生きて来ましたが(パターンで)

今後はどうするか。


今までの在り方だと、気合、とにかく頑張る、息をつく間も無く必死に足掻いて足掻いて乗り越える。

(不安と恐怖がベースで)これは正直散々やって来たのでもういいかなと。


今想像できるのは、現実を受け止めながらスルスルと、それでいて足取りはしっかりし、確実に一歩づつ前に進んでいる。戻っているように見えても、実は進んでる。

そんな在り方をベースにして行きたいと思っています。


具体的には、自分の中の快、不快をしっかりと見極めて、新たに内側と外側の両方を構築していくこと。そこに必要なのは実行力。

それには自分の中の快、不快を見る力、感じる力、観察者としての力が必要になり、やっぱり本当の「私」の力が必要なんだと改めて思いました。

結局ここなんだな。


日記の良いところはこうして書いている時に自分に気付けるところ。

意識が外に向いている時、また自分に戻せる。

そんな意味でも、この日記の場は大事にしていこうと思いました。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。