• 渡邊 優

政府からの自粛要請が出て早1ヶ月が経ちました。

これから始まる大航海時代に向けて、どのような生き方を選択していくか。

今まで数々のピンチを迎えては、何とか乗り越え、必死に生きて来ましたが(パターンで)

今後はどうするか。


今までの在り方だと、気合、とにかく頑張る、息をつく間も無く必死に足掻いて足掻いて乗り越える。

(不安と恐怖がベースで)これは正直散々やって来たのでもういいかなと。


今想像できるのは、現実を受け止めながらスルスルと、それでいて足取りはしっかりし、確実に一歩づつ前に進んでいる。戻っているように見えても、実は進んでる。

そんな在り方をベースにして行きたいと思っています。


具体的には、自分の中の快、不快をしっかりと見極めて、新たに内側と外側の両方を構築していくこと。そこに必要なのは実行力。

それには自分の中の快、不快を見る力、感じる力、観察者としての力が必要になり、やっぱり本当の「私」の力が必要なんだと改めて思いました。

結局ここなんだな。


日記の良いところはこうして書いている時に自分に気付けるところ。

意識が外に向いている時、また自分に戻せる。

そんな意味でも、この日記の場は大事にしていこうと思いました。



最新記事

すべて表示

尊厳

先日の今年初の茅ヶ崎セミナーでは、最近の度重なる出来事を含め、自分の課題をしっかり認識することができました。それは自分の尊厳の回復。「相手を優先し、自分が我慢することが美徳」もしくは「理解あることが良し」など、それは自分が執着から離れたくないだけの理由でした。 ついにこの時がきたか、そんな心境です。それはずーっと手放したくなかったものを認め、依存や執着から卒業していく、子供の時に絶対に手放したくな

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com