top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

成長とは、一人になっていくことだと最近実感しています。

一人になることとは、孤独になること。それは、自分だけに用意された自分の道を歩いて、気がついたら周りには誰もいない。その場所は自分で決めてよく、黒パターンであることも、白パターンであることも、私が決めていい、そんな自由な場所に向かっている、それが成長することだと思いました。


私は一人が苦手です。物理的に一人でいるのが苦手なのではなく、自分一人で自分を支えるのが苦手なんです。それは、誰かに自分を分かって欲しい、大切にして欲しい、愛して欲しい、許して欲しい、そんな依存心が他人を求め、自分を弱くさせるのです。

ですから最近は、自分で自分を支えられる自分になるために、甘えられる存在というものを自分の側に置かないようにしています。否が応でも自分の中で起こることを自分で解決し、受け入れるということをしていかなければいけないと思ったからです。それはこの仕事をしていくという覚悟でもあります。


自分で自分を支えられなくて、他のサポートをすることなどできないと思ったからです。それは当然の顕れです。


成長とは一人になること、そして自由になること、襟を正すこと、強くなること。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page