top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

愛でしか人は育たないんだな。

兄がスタッフを育てている姿を見て、そんなことを思いました。


自分も同じようなことをしていたなぁと。

ご飯に連れて行ったり、飲みに行ったり、時には綺麗なお姉さんのいるお店に行ったりして、スタッフのやる気や信頼を得ようとしていました。

しかし、私の場合はどこかで見返りを求めていた。思い通りのスタッフになって欲しいと。


いくら人参をぶら下げても、また人参を与えても、彼らのためにしていたことではなかった。

全て自分の為にしていたことだったんだと、ふと気がついたんです。


人を育てるということは、相手を思い、相手の為に出せる言葉や行動。

そこには、強さや優しさ、正直さ、誠実さ、厳しさや哲学を使い、教え、行動しなければ、相手には伝わらないし届かない。


それにはまず、白パターンを選び続けながら「私」を育てる。

そうしてまず自分が育ち、人を育てられる。

そういう流れなんだと考えさせられました。


まずは自分から。





最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page