• 渡邊 優

愛でしか人は育たないんだな。

兄がスタッフを育てている姿を見て、そんなことを思いました。


自分も同じようなことをしていたなぁと。

ご飯に連れて行ったり、飲みに行ったり、時には綺麗なお姉さんのいるお店に行ったりして、スタッフのやる気や信頼を得ようとしていました。

しかし、私の場合はどこかで見返りを求めていた。思い通りのスタッフになって欲しいと。


いくら人参をぶら下げても、また人参を与えても、彼らのためにしていたことではなかった。

全て自分の為にしていたことだったんだと、ふと気がついたんです。


人を育てるということは、相手を思い、相手の為に出せる言葉や行動。

そこには、強さや優しさ、正直さ、誠実さ、厳しさや哲学を使い、教え、行動しなければ、相手には伝わらないし届かない。


それにはまず、白パターンを選び続けながら「私」を育てる。

そうしてまず自分が育ち、人を育てられる。

そういう流れなんだと考えさせられました。


まずは自分から。





最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう