top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。

外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。


この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパターンです。そして大切なことは、このパターンが悪いわけではないということ。

このパターンもいつも通り一つのパターン。今までほったらかしにされ、色々なところで傷つき、不安や恐れを持ちながら、思い通りになりさえすればその不安も恐れもなくなると必死にもがき苦しんでいるパターンです。であれば今まで通りにちゃんとケアして受け入れていくのみ。

この「私」の力を使って。


そう、どんな強力なパターンでもやっぱり同じなんだと思うのです。

子供のように怖がり、震え、思い通りにならないと癇癪を起こす、なぜならそのやり方しか知らないから。ちゃんと理解されたり、愛されたりした経験がないんだと思う。


そんなパターンの気持ちをしっかりと胸に抱き、受け止めていこうと思います。


最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page