top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ついに私が通っているバレエスタジオも休校になってしまいました。

最後まで粘っていたのですが、県から休校要請があったようです。

残念です・・・


そんな中、車の移動中や自宅での自粛中に大愚和尚の一門一答というyoutubeチャンネルを聞いています。

この和尚の話が好きで本も買いました。苦しみの手放し方 著 大愚元勝

その本の中に、

「本気で叱って、本気で抱きしめて本気で信じる。親が心を開かなければ、子供も心を開かない」

という教えがありました。


これって、自分のパターンに言えることだなと思ったんです。

親である本当の私が、子であるパターンに対して本気で叱って、本気で抱きしめてそこにいていいよと信じる。そして本当の私が心を開かなければパターンも心を開かない。これはワークをやっていると分かります。パターンの言い分(思い)がちゃんと出ていて腑に落ちる時と、出ておらずに釈然としていない時があります。そこの差が、本当の私が心を開いているかどうかにかかっているのだと思いました。


オープンマインド。

心していこう。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

댓글


bottom of page