• 渡邊 優

心が折れる・・

心を折る作業って、大事なことのように思います。


自己肯定感を持てるようになるというと、何だかとても自分に自信が持てたり、自分に対して安心感を持てたり、いい事づくめ。でもそれって、誰が求めているの??と考えた時、パターンが求めていると分かります。

しかし、それを求めて自分に与えていくと、間違った黒パターンの自分を形成してしまう。

それは幻想的な自分であったり、理想的な自分であったりします。でもそれって、本当の現実的な自分ではないからどこかで無理が生じ、理想でない自分を知った時に苦しみへと変わります。こんな自分ではダメだと。


まあ、自分のことではあるのですが、そこで、心を折る作業がとても大事になってくるのではないか?と思いました。実際、心が折れている時な大変なのですが、その後、折れた心は強化できて、ちゃんと本来の自分と向き合えるようになる。それは少し現実的になり、一喜一憂しないで、パターンと向き合い、「黙りなさい」を駆使しながら自分を統制していく。それはパターンに対しての強さが備わってきた。そんな感じがしています。


心が折れると言うと、傷つく、立ち直れない、困難、自信をなくすなど、マイナス要因ばかり思い浮かべますが、強さが備わる、へこたれなくなる、現実的になる、統率力が備わるなど、プラスの面も備わるのだと思いました。


もしかしたら強く見える人たちって、こうやって心が何回も折れて、何回も立ち上がってきた人たちなのだと思います。だからこそ、心が弱っていたり、心が折れている人の気持ちがわかるのだと思う。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ