top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

心が折れる・・

心を折る作業って、大事なことのように思います。


自己肯定感を持てるようになるというと、何だかとても自分に自信が持てたり、自分に対して安心感を持てたり、いい事づくめ。でもそれって、誰が求めているの??と考えた時、パターンが求めていると分かります。

しかし、それを求めて自分に与えていくと、間違った黒パターンの自分を形成してしまう。

それは幻想的な自分であったり、理想的な自分であったりします。でもそれって、本当の現実的な自分ではないからどこかで無理が生じ、理想でない自分を知った時に苦しみへと変わります。こんな自分ではダメだと。


まあ、自分のことではあるのですが、そこで、心を折る作業がとても大事になってくるのではないか?と思いました。実際、心が折れている時な大変なのですが、その後、折れた心は強化できて、ちゃんと本来の自分と向き合えるようになる。それは少し現実的になり、一喜一憂しないで、パターンと向き合い、「黙りなさい」を駆使しながら自分を統制していく。それはパターンに対しての強さが備わってきた。そんな感じがしています。


心が折れると言うと、傷つく、立ち直れない、困難、自信をなくすなど、マイナス要因ばかり思い浮かべますが、強さが備わる、へこたれなくなる、現実的になる、統率力が備わるなど、プラスの面も備わるのだと思いました。


もしかしたら強く見える人たちって、こうやって心が何回も折れて、何回も立ち上がってきた人たちなのだと思います。だからこそ、心が弱っていたり、心が折れている人の気持ちがわかるのだと思う。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page