• 渡邊 優

心が折れる・・

心を折る作業って、大事なことのように思います。


自己肯定感を持てるようになるというと、何だかとても自分に自信が持てたり、自分に対して安心感を持てたり、いい事づくめ。でもそれって、誰が求めているの??と考えた時、パターンが求めていると分かります。

しかし、それを求めて自分に与えていくと、間違った黒パターンの自分を形成してしまう。

それは幻想的な自分であったり、理想的な自分であったりします。でもそれって、本当の現実的な自分ではないからどこかで無理が生じ、理想でない自分を知った時に苦しみへと変わります。こんな自分ではダメだと。


まあ、自分のことではあるのですが、そこで、心を折る作業がとても大事になってくるのではないか?と思いました。実際、心が折れている時な大変なのですが、その後、折れた心は強化できて、ちゃんと本来の自分と向き合えるようになる。それは少し現実的になり、一喜一憂しないで、パターンと向き合い、「黙りなさい」を駆使しながら自分を統制していく。それはパターンに対しての強さが備わってきた。そんな感じがしています。


心が折れると言うと、傷つく、立ち直れない、困難、自信をなくすなど、マイナス要因ばかり思い浮かべますが、強さが備わる、へこたれなくなる、現実的になる、統率力が備わるなど、プラスの面も備わるのだと思いました。


もしかしたら強く見える人たちって、こうやって心が何回も折れて、何回も立ち上がってきた人たちなのだと思います。だからこそ、心が弱っていたり、心が折れている人の気持ちがわかるのだと思う。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側