• 渡邊 優

久しぶりに「あんなこと言われたくなかった」というパターンが騒ぎました。

そう、心の叫び。


この自分の心の叫びを聞いて、受け止め、理解し、癒していく。

この、自分の心の叫びを無視しちゃいけない。


以前の私は、自らの心の叫びに鈍感でした。

どう感じるの?どう思うの?と聞かれてもイマイチ自分の感情がわからない。

もしくはどう感じるのが正解か?と本末転倒の状態でした。

(一般論で、感情をコントロールできない人間はダメだと決めつけ、感情をなきものにしようとしていました。)

思考で対処して、心を置き去りにしていたのです。


しかしこの自分の心を感じること。すごく大事です。

(感情のままにするのではないですよ。ただ感じるだけ)

どんな気持ちでも、それでいいと、その気持ちがあっていいと、そんな自分があってもいいと、素直に自分の良いところもダメなところも認められたら、きっと自分への肯定感を感じ、本来の自分を大切にできるのだと思います。


自分を大切にできたら余裕が生まれ、きっと他者に対する多様性も受け入れられるようになるのだと思います。


だから、今日もまずは自分から!

この「あんなこと言われたくなかった」のパターンの声を聞いていこう!

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側