• 渡邊 優

以前の新聞に、日本人に幸福って何なの?という記事が掲載されていました。

今日は、幸福について考えてみたいと思います。


記事の中のベトナムからきた留学生は、日本人を見て幸福には見えないという印象を受けたようです。

戦後、確かに物質的には恵まれ、物質的な豊かさは満たされたようにも思います。


しかし、心はどこか満たされていない。

どれだけ貯めても(個人貯蓄世界一です)幸福にはなれなかった。

その答えが、今現実にこの記事として出てきているのだと思いました。


海外では、信仰心の少ない日本人はお金教とも言われてます。(貯め込んでいるので)

勿論このお金教=パターンなのですが、このパターンは私も強く持っております。

コロナから大騒ぎしたこのパターンのケアをずっと続けていますが、私から見ると、お金のパターンのない、お金に囚われない状態でいられるのは凄く羨ましいことです。それほど、このお金に関するパターンには力があると思うんです。


このパターンに振り回されないためにも、仕事だけでも、お金や車や地位などでもない、本当の自分の幸福について考えてみるのもいいかもしれません。

そしてこの令和の時代、本当の幸福となる人が増えていくのも、新たな時代だと思います。


最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側