• 渡邊 優

両親が喧嘩をしていると父からメールが来たので、先日の勉強会後に実家に寄ってきました。

母親は耳が遠くなり、聞こえないことに少々苛立ちを覚えているのでちょっとしたことでも腹を立ててしまうのです。


私自身も「母の愚痴を聞きたくない」というパターンがあり、実家に行く前には必ず語りかけを行い、白黒ワークでは「母を理解できる自分になろう」を選んでいたのですが、帰ってきた頃にはぐったりとした疲れがありました。

しかし今回は、「ただ寄り添っていよう」という白パターンを選んで母といたところ、全く疲れずに、そして母も安心しているようでした。そうか、今はこの白でいいんだなと思ったのです。


以前の白は、今の私にはまだ早すぎたのかもしれません。

今の自分に合っている「ただ寄り添っていよう」という白パターン。この母の心に寄り添うという行為。きっとこの中には、人の温かさや優しさ、温もりがあるのかもしれません。

そして自分自身にも無理がない。←これすごく大事なことだと気づきました。


こんなお互いにとって風通しのよい白パターン。少しづつ作っていこうと思います。

最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com