top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

なぜ私は学びたいのか、自己探求という一見変わったこの学びを、毎日毎日懲りもせずになぜやり続けていられるのか、きっとそこには真理があるからなのだと思いました。


真理・・

こればかりは体験しないと伝わらないかもしれません。

胸のすくような感覚、腑に落ちた理解、解放されていく感覚、生きることが軽くなって自由になっていく感覚、人ってこうだったのか、生きるってこういうことなのか、そういうことを少しづつ体験し、実感していく。それを体感してしまうと、もうやめられない。何よりも、楽しいし、面白い。そしてこの感覚だけは、この学びでしか味わえない(少なくとも私はそうでした)そんな魅力に取り憑かれているのだと思います。


勿論、良いことばかりではなく、大変な時もあります。パターンに飲まれ、黒い沼にハマる時もあります。また取り組んでいるからこそ課題も次々に生まれ、沼にハマりながら右往左往する時もあります。それを日々の生活の中に取り入れながら、新たな在り方を選び、そうやって人の意識が変容していくところが、一歩一歩真理に近づいている気もします。


しかし最近読んだ本にこんなことが書かれていました。

学びたくても学ぶことが出来ない人が沢山いて、勉強したくても出来ない人が沢山いると。

様々な経済的な問題を抱えていたり、学校のない国に生まれたりして、学びたくても出来ない人が世界には沢山います。そう考えるとこうして学ぶことができるのは、幸せなことであり、感謝することなのだと思いました。


学べることって、ありがたいことだったんです。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page