• 渡邊 優

なぜ私は学びたいのか、自己探求という一見変わったこの学びを、毎日毎日懲りもせずになぜやり続けていられるのか、きっとそこには真理があるからなのだと思いました。


真理・・

こればかりは体験しないと伝わらないかもしれません。

胸のすくような感覚、腑に落ちた理解、解放されていく感覚、生きることが軽くなって自由になっていく感覚、人ってこうだったのか、生きるってこういうことなのか、そういうことを少しづつ体験し、実感していく。それを体感してしまうと、もうやめられない。何よりも、楽しいし、面白い。そしてこの感覚だけは、この学びでしか味わえない(少なくとも私はそうでした)そんな魅力に取り憑かれているのだと思います。


勿論、良いことばかりではなく、大変な時もあります。パターンに飲まれ、黒い沼にハマる時もあります。また取り組んでいるからこそ課題も次々に生まれ、沼にハマりながら右往左往する時もあります。それを日々の生活の中に取り入れながら、新たな在り方を選び、そうやって人の意識が変容していくところが、一歩一歩真理に近づいている気もします。


しかし最近読んだ本にこんなことが書かれていました。

学びたくても学ぶことが出来ない人が沢山いて、勉強したくても出来ない人が沢山いると。

様々な経済的な問題を抱えていたり、学校のない国に生まれたりして、学びたくても出来ない人が世界には沢山います。そう考えるとこうして学ぶことができるのは、幸せなことであり、感謝することなのだと思いました。


学べることって、ありがたいことだったんです。

最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で