• 渡邊 優

最近、完全に嫌われているという体験をずーっとしています。(ガチフルシカトされてます。笑)

しかし以前は嫌われることを極端に恐れていたな〜と思い出しました。(嫌われたくないパターン)


それは嫌われたら自分の価値がなくなると思っていましたし、嫌われるような人間はダメだとも思っていましたし、嫌われたら孤独になるとも思っていました。そして傷つくと。だから嫌われたと思う時はやたらと顔色を気にしていましたし、嫌われないように(寧ろ好かれるように)気を遣い、空気を読み、話を合わせていたようにも思います。(営業マンだったので上手かったかも)


でもそれって、ものすごく疲れるんです。

無理して他人に合わせるのって苦しいんです。

まるで自分を殺しているようで、自分を放棄しているようで、苦しいんです。


じゃあ今は嫌われても全く平気か?と聞かれたらYESとは言い切れません。やっぱり不快感はあります。しかし、もしかしたらもう、嫌われれて傷つくことを恐れなくてもいいのかもしれない。の白を選んでいると、不思議とそれほど嫌われることが怖くなくなります。


それはたとえ傷ついたとしても、また自分を立て直して行ければいいと思うし、それが出来ればきっと嫌われるということ自体がダメなことではく、自然なことになるんじゃないか、寧ろ嫌われることを恐れないことは、自由になるんじゃないか、そんな風にも思います。

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ