top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、完全に嫌われているという体験をずーっとしています。(ガチフルシカトされてます。笑)

しかし以前は嫌われることを極端に恐れていたな〜と思い出しました。(嫌われたくないパターン)


それは嫌われたら自分の価値がなくなると思っていましたし、嫌われるような人間はダメだとも思っていましたし、嫌われたら孤独になるとも思っていました。そして傷つくと。だから嫌われたと思う時はやたらと顔色を気にしていましたし、嫌われないように(寧ろ好かれるように)気を遣い、空気を読み、話を合わせていたようにも思います。(営業マンだったので上手かったかも)


でもそれって、ものすごく疲れるんです。

無理して他人に合わせるのって苦しいんです。

まるで自分を殺しているようで、自分を放棄しているようで、苦しいんです。


じゃあ今は嫌われても全く平気か?と聞かれたらYESとは言い切れません。やっぱり不快感はあります。しかし、もしかしたらもう、嫌われれて傷つくことを恐れなくてもいいのかもしれない。の白を選んでいると、不思議とそれほど嫌われることが怖くなくなります。


それはたとえ傷ついたとしても、また自分を立て直して行ければいいと思うし、それが出来ればきっと嫌われるということ自体がダメなことではく、自然なことになるんじゃないか、寧ろ嫌われることを恐れないことは、自由になるんじゃないか、そんな風にも思います。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page